ジョークや身近な内容をツイートすることで、ユーザーに親近感を与えるSNS活用をしています。

SNS活用マーケティングを利用した企業の成功例をご紹介!

MENU

SNSマーケティング成功例

 

株式会社メソッドでは、数々の企業クライアントのSNS運用に成功しています。
ここでは大手旅行会社「H.I.S」の実績成功例をご紹介します。

 

 

H.I.Sの話題性PR成功例

 

ユニークなキャンペーンを発表し、TwitterによってRTされ、フォロワーがフォロワーを呼ぶような他のユーザーに伝えたくなる情報を発信しました。

 

例えば、留年が決まった人向けに、

 

「留年決定!で気落ちしているキミ。元気を出して!H.I.Sではそんなキミを応援します!「またね割」で旅行代金が最大5,000円引!その他99個の割引をご用意!」

 

など、ユニークな企画内容で話題性を呼ぶようにしたり、エイプリルフールには、

 

「月の「貸切」はじめました」

 

など、ジョークや身近な内容をツイートすることでユーザーに親近感を与えるなどのSNS活用をしています。

 

スマホを見るカップル

このような話題性を呼ぶ書き込み内容で、多くの人にRTしてもらい、多くの人の目に触れさせることで商品PR企業イメージアップなどの向上に期待できます。

 

また、RTキャンペーンを行うことにより、認知度のアップを狙う事が出来ます。
RTキャンペーンとは、Twitterのユーザーが参加できる企画を提案します。

 

H.I.Sでは「ソーシャル駅伝キャンペーン」と題し、

 

「ホノルル駅伝では「ベストコスチューム賞」があります!皆様が走るなら、どんなウエアがいいですか?キャンペーンで優勝して次はホノルル駅伝を走ろう!」

 

という企画をツイートしました。

 

このように、企画内容をチーム制にすることで、より多くの参加者を募る事ができ、ユーザーを巻き込んだPR活動が可能になります。
また、企業の事業内容に関連したコラム等をツイートすることで、ユーザーにより関心を持ってもらう事が出来ます。