株式会社メソッドのSNS活用戦略に成功している有名な企業には「H.I.S」があります。

SNSを活用したメソッドのマーケティング-充実したサポート体制

MENU

SNS活用戦略マーケティングとは

 

SNSとは「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略称のことで、インターネット上で交流をし、社会的なネットワークを構築するサービスのことです。
有名なSNSの例を挙げるとtwitterLINEFacebookなどが挙げられます。

 

現代社会の日本では、SNSを利用しているユーザーが年々増えて行き、個人以外にも企業や政府機関など様々な場面で利用されています。

 

 

3つのビジネスモデル

 

ビジネスモデルとしても使用されているものが多く、例えば、
 ①広告収入によって利益を得る「広告収入モデル
 ②サービス利用料としてユーザーに課金を求める「ユーザー課金モデル
 ③SNSから楚歌のサイトに誘導したりする「他サイト誘導・連動モデル
などがあります。
この3つのモデルを組み合わせて、ビジネススタイルを作っていくのが一般的です。

 

このように、現代の日本ではSNSによるマーケティングを行い、企業PRや商品PRをする事が大切なビジネスの一つになってきています。

 

タブレットを見る女性2人

株式会社メソッドでは、話題性をTwitterなどのSNSで広がっていくような、「ユーザーが他のユーザーに教えたくなる」情報を配信し、多くの人たちに知ってもらうことで、商品のPRやブランド認知度を向上させるお手伝いをします。

 

そのために、ソーシャルマーケティングを活用し、市場調査や商品の反響データを分析、過去の成功した類似モデルを時系列で追い、成功要因の特定、実施キャンペーンの分野のインフルエンサーユーザーの購買意思決定に影響を与えるキーとなるものや人)の調査をします。

 

 

インサイト分析

 

また、インサイト分析ユーザーの隠れたニーズや潜在的意識を消費行動に引き出すための要因の詮索)を行い、インフルエンサーを取り囲むフォロワーの活動や趣向の分析、時間・性別・地域・年代・職業などの属性の分析需要の予測販売方法の改善策などを考案します。

 

そして、広告出稿先の選定のため、関連アカウントが利用する拡散媒体や発信効果時間帯などの把握をします。

 

ペンを持つ男性

 

それらの分析の結果、データを基に最終的なキャンペーン内容を決定し、発信し、広告・反響・拡散の流れを実行します。
それらの不具合情報や、改善などのサポート体制も万全です。

 

しかし、これらの分析と拡散の流れを抑えただけでは、SNS戦略を確実に成功に導くことは出来ません。
Twitterなどの自社アカウントを製作し、そこから情報を発信することでユーザーと信頼関係を作っていくことも、大切なSNS活用戦略の一部となります。

 

より話題性を産むために

インフルエンサーに該当となった人物とのコミュニケーションや、その他の一般のユーザーとのコミュニケーションをTwitterで最大限に行うべく、会話を意識したツイートを配信します。そうすることにより、多くのRT数の獲得を望む事が出来ます。
その結果、企業のイメージを形成することに繋がっていきます。

 

RT数を上げるために、Twitter上で誰でも簡単に参加できるキャンペーン等をユーザーに提供することで、ユーザーを巻き込んだPR活動をしたり、商品内容に合ったコラムなどをツイートしてユーザーに興味を持ってもらうように、認知キャンペーンを行うことも大事です。

 

株式会社メソッドでは様々な企業で、これらのSNS戦略に成功していますが、有名な企業を一つ上げると、「H.I.S」でこれらの実績を挙げています。

 

例えば、ユニークなキャンペーン情報の企画内容や、ジョークや身近な内容のツイートなども、株式会社メソッドからの戦略の一つです。